今年も危険。ノロウイルスの効果的な予防法を知って感染を防ごう!

Real Rating

リアル度3.00

2 votes, average: 3.00 out of 52 votes, average: 3.00 out of 52 votes, average: 3.00 out of 52 votes, average: 3.00 out of 52 votes, average: 3.00 out of 5
リアル投票:2
2016年1月26日
今年も危険。ノロウイルスの効果的な予防法を知って感染を防ごう!

インフルエンザが猛威を奮っていると言われていましたが、あの「ノロウイルス」も忘れてはいけません。今年もじわじわとその感染者数を伸ばしているようです。残念ながら、ノロウイルスによる死亡者も一人出てしまったとか。

ノロウイルスによる感染性の胃腸炎は、11月~1月に多く発症します。また、今年は新型のノロウイルスが検出され、大流行の恐れがあるとも言われています。病気自体も心配ですが、小さな子どもや高齢者の場合は、吐いたものを詰まらせて重症に至るケースもあるそうです。

できればかからずに済ませたいノロウイルス。今回は、今年の冬を健康に乗り切りたい!という人のためにノロウイルスの予防法をまとめました。参考にして、元気で健康な冬を過ごしてくださいね^^

ノロウイルスの予防法

ノロウイルスの予防法

徹底的に手を洗う

なんといっても重要なのは、「手を洗う」こと。これだけでかなり防ぐことができます。

ノロウイルスは、他のウイルスや最近と比べると非常に小さいです。パパっと適当に洗っただけでは落ちないこともあります。ノロウイルスを予防したい!と思ったら、1~2分くらいかけて丁寧に洗うようにしましょう。

石鹸を使い、手首の方までしっかり洗います。アクセサリーや時計など何か身につけている場合は、それも取って細かく丁寧に洗うようにしてください。

子どもの場合、遊びから帰ってきてテキトーに手を洗ったり、「洗ったよー!」と嘘をついたり(わたしです笑)、ウイルスを落とせずにそのままになってしまうことも。予防を防ぐためにも、小さな子どもがいるお家は特に注意するようにしましょう!

加熱処理したものを食べる

ノロウイルスは熱に弱いです。十分に火の通っていないもの、例えば生の貝類などを食べてしまうと、ノロウイルスに感染する可能性があります。

加熱すれば、心配する必要はありません。中心部まできちんと火を通したものを食べるようにしましょう。

生牡蠣など好きな人は多いと思いますが、ノロウイルスが流行る時期は我慢です(T_T)

身の回りを清潔にする

ノロウイルスは、どこからどのように感染するかわかりません。小さなウイルスなので、気をつけていたのにかかってしまったということもあるくらいです。

忘れてしまいがちなのが、身の回りの掃除や消毒です。先ほど挙げたような生の貝類を扱った調理器具や、感染者が触ったとされるものは、しっかり洗って消毒しておく必要があります。

あとは、感染者がすでに近くにいて吐いてしまった場合。カーペットや床に付着したままにしておくと、そこから別の人が感染することもあります。中途半端にせず、徹底的に洗って消毒してください。

他にも吐いた後に感染者が触ったとされるところなどは、一通り消毒しておきましょう。「そこまでやるの?」と思われるかもしれませんが、身近にいる人がもっとも感染しやすいものです。

家族全員ノロウイルスになったりなんかしたら大変なことになるので、注意してくださいね。

1回かかるとめんどくさい

ノロウイルスは、1回かかると大変です。とにかく腹痛がひどく、かかったことのある友人は「地獄だった…」と語っていました。

予防法は意外にもカンタンなものばかりなので、早速今日から試してください。元気な体で今年の冬も乗り切ってくださいね!

Real Rating

リアル度判定♪

ぬるいう~んふつうあるよねその通り!
↑リアルをぽちっと↑
現在のリアル度:3.00
リアル投票:2
Loading...
3
Shere
今年も危険。ノロウイルスの効果的な予防法を知って感染を防ごう!
この記事をお届けした
リアルガールズの最新情報を
「いいね」で応援してね!