【デリヘル業界事情】東京オリンピックの影響は?日本の風俗店と外国人客

Real Rating

リアル度4.48

21 votes, average: 4.48 out of 521 votes, average: 4.48 out of 521 votes, average: 4.48 out of 521 votes, average: 4.48 out of 521 votes, average: 4.48 out of 5
リアル投票:21
2016年4月20日
Tokyo olympic

いよいよ2020年に東京オリンピックが開催されますね!今回はチラホラ話題にも上がる、「オリンピックに向けて風俗業界はどうなるの?」について聞いてきました!

現在首都圏の風俗店(特にデリヘル・ハコヘルの様な形態)においては外国人客NGのお店が多く、働いている女性も嫌がる方が多い様です。

ただ、オリンピックに向けて海外からの観光客が増える事は誰でも予想出来る事なので、それについて対策をしていると言っていたお店もありました。

外国人客NGとしているお店は何がいけないのか?

NG対応としている都内デリバリーヘルス店勤務スタッフの方々に、それぞれアンケートで聞いてみました。

風俗店が外国人のお客様をNGにしている理由は?

  • 1位:本番強要がほとんど
  • 2位:サービスを理解していない
  • 3位:病気の心配がある
  • 4位:プレイが乱暴な方が多い
  • 5位:女性&スタッフが対応できない(言語)

1位に上がっている本番強要についてですが、確かに日本の風俗では本番行為は法律上NGとなっているため、海外のコールガール的な感覚で来店される方はそもそも本番目的になってしまうのかもしれませんね。

2位と5位については、サービスの説明等についても日本語がわからない方へは伝える事も不可なので、トラブルになりやすい事を懸念している声も多かったです。

いずれにしても、女性の言語対応が可能な状態でなければ、接客の難易度が高いのは一目瞭然ですね。

風俗嬢は海外の方を接客する事についてどう思っているのか?

女の子は逆にどう思っているのでしょうか?こちらもデリヘル経験者の子にアンケートで聞いてみました。

外国人のお客様を接客する際に心配な事は?

  • 1位:本番強要
  • 2位:性病
  • 3位:店外しつこそう
  • 4位:言葉の壁

大体がお店スタッフの方の意見と合致しています。店外デートのお誘いがしつこそうというのは、接客している女性ならではの問題として挙がっていますね。

正規で運営している風俗店経験者であるほど、外国人のお客様は日本人に比べて接客しずらいという印象が強いのではないでしょうか?

ここまでで、外国人のお客様をNGにし続けていれば特に問題はないのでは?という話になってしまいますが、次の項目に述べる様な問題が多くなる可能性があります。

海外からのお客様を取り込める風俗店

本題に戻りますが、東京オリンピックに向けて風俗業界でも動きが見え始めています。

具体的には、英語対応のホームページがあるお店や、女性プロフィールページにて対応可能言語を表示しているような風俗店が増えています。

その他の話では、風俗へ行きたい観光客をナビゲートする、日本語が出来るガイドも一緒についてくるから大丈夫といった事例もあります。

「日本のアダルトビデオは中国で大人気。AVのような世界を体感したいと考える観光客が、全国の風俗に押し寄せているんです。そういった事情もあって、外国人NGだった吉原でも訪日外国人の団体を受け入れる店や、トラブルを避けるため、中国語表記の注意書きを掲示する店が増えています」

出典:http://r25.jp/society/00048501/

お店側としては、スタッフや女性が対応できるのであればアリだという考え方なんでしょうね。売上UPの事を考えてしまうと、こういう流れのお店が出てくるのは必然なのでは?と思ってしまいます。

海外からの風俗観光客を接客してどうだった?

とあるソープ嬢に聞いたところ、最近その子のお店でも海外からのお客様が増えていて、実際に接客する事も多くなっているらしいので、どんな印象だったか聞いてみました!

■困った事(デメリット)

日本のソープのシステム等を理解していなかったようで、余った時間でスワッピング(一緒に来ていた連れの方と入れ替わり)的な事をしようとして店員を困らせていたらしいです。

■良かった事(メリット)

チップをくれる方や、相当溜まってたのかすぐ果ててしまう方がチラホラいるそうで、女の子からするとこんなに楽してチップまでもらえるの!?という感じだそうです(^^;)。

オリンピックに向けた政策と、違法店の増加

営業届を出している風俗店の話だけではなく、違法店の増加も懸念されます。

実際に風俗繁華街においては、外国人専門なる本番違法店も多数あり、そこで働いている女性がいる事も事実です。

首都圏にて、このような違法店が増加し海外からの観光客への情報流入が活発になってくると、オリンピック開催に向けて風俗業界に対する大きな政策が強いられることも考えられます。

東京オリンピック開催に際し、公の場から風俗業を駆逐する政策が取られることは必至です。現在の風俗産業は外国人観光客を積極的に受け入れていません。しかし、新たな規制が設けられれば、そこから逃れる形で外国人向けの新業態が生まれる可能性も十分にありえます。20年は、風俗開国元年になるかもしれません。

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/11363974/

これから風俗業界で働く女性の環境としては、さらにしっかりとしたお店選びをしなければならない事と、風俗業界で稼ぐリスクやハードルが高くなるという流れが見えてきています。

日本人女性のみのお店や、外国人NGのお店は今後どのように変化していくのでしょう。

リアルガールズでは、今後の風俗業界動向含め女性の方からのリアルなお話しを、皆さんへお届けしていきます。

Real Rating

リアル度判定♪

ぬるいう~んふつうあるよねその通り!
↑リアルをぽちっと↑
現在のリアル度:4.48
リアル投票:21
Loading...
31
Shere
Tokyo olympic
この記事をお届けした
リアルガールズの最新情報を
「いいね」で応援してね!