太ももがあっという間に細くなる!太もも痩せのための立ち方と歩き方

Real Rating

リアル度4.67

6 votes, average: 4.67 out of 56 votes, average: 4.67 out of 56 votes, average: 4.67 out of 56 votes, average: 4.67 out of 56 votes, average: 4.67 out of 5
リアル投票:6
2016年2月3日
太ももがあっという間に細くなる!太もも痩せのための立ち方と歩き方

ダイエットは、女の子にとって一生のテーマですよね。「ぷに子」という言葉も流行りましたが、やっぱり華奢でほっそりした体に憧れるなあ…と思う人は多いのではないでしょうか?

わたしが一番自分の体で気になるのは「太もも」です。ということを友達に言うと、だいたい「わかるー!」と返ってきます。「脚痩せって難しいよね」という話題でいろいろ情報を交換したりしています。

そこで今回は、太もも痩せについて書くことにしました(^^)特に、太ももの前側の張りに悩む人や筋肉太りの人にとって役立つことを書いていきます!同じように太ももが太いことに悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

太ももが太くなる原因

なぜ太ももは太くなってしまうのでしょうか?ざっくり言って、骨盤周辺に問題があります。

数年前から、「骨盤矯正」という言葉が話題になりました。わたしも実はこの骨盤矯正で一度痩せたことがあり、骨盤の歪みをなおすのって効果があるんだなあと驚きました。

それから骨盤についてもいろいろ調べていたのですが、骨盤とあともう一つ「大転子」というのも太ももが太る原因になっているのだと知りました。大転子は、骨盤と太ももの骨がくっついている付け根の部分です。

大腿骨が骨盤から外れてしまうと、だんだん外側に広がってきます。外側に広がると、当然脚はその分太くなりますよね。こういった理由で、太ももは太くなっていきます。骨盤周りの骨の歪み、関節のかみ合わせがうまくいっていないことが主な原因です。

マッサージとかストレッチってどうなの?

では、この骨盤と股関節の不安定さを解消するためにはどうしたらいいのでしょうか。

中には、マッサージやストレッチで解決する人もいます。お風呂あがりにマッサージしたりストレッチしたりして筋肉の柔軟性を取り戻し、骨がもとの場所に戻っていきます。

もちろんこの方法でもオッケーです╭( ・ㅂ・)و ̑̑ わたしが今までいいなと思ったマッサージやストレッチのダイエット本を紹介しておきます。

ただ、1つ問題があるとすれば、それは「時間がかかる」ということです。

骨盤や股関節の歪みなどは、日常動作である立ち方・座り方・歩き方にかなり左右されます。よく「脚を組んでいると骨盤が歪む」と言われますが、それも日常動作で体型が崩れることを指していますよね。

よって、この日常動作が変わらない限り、なかなか体を変えるのは難しいです。もともとそこまで歪みがなかったり筋肉の緊張が少ない人はマッサージやストレッチで変わりやすいですが、そうもいかない人もいます。こう言えるのは、わたしがそうだったからです(´・_・`)

手っ取り早く細くするには…

手っ取り早く、そして効果も高い方法は何かないのか?と探し続けて、やっぱり日常動作を変えるのが一番早い!という結論に至りました。

立ち方・座り方・歩き方などの普段の動作を変えるだけで痩せることができれば、こんなにラクなことはありませんよね。

わたしは運動が苦手なので、どうにかこういった方法で痩せたい!と思いました。そしていろいろ試行錯誤するうち、太ももをはじめ体全体が少しずつ変わってきているので、その方法を紹介しようと思います♪

さっさと細くなりたいなら、普段の何気ない動作を意識してみるようにしましょう。マッサージやストレッチと合わせると、どんどん細くなっていくと思いますよ!

太もも痩せする立ち方

今回は、日常動作の立ち方と歩き方にのみ触れて書きます。座り方については別の記事で書くので待っていてください!

太もも痩せする立ち方は、<ふくらはぎを細くする立ち方>と基本的に同じです。ここでも説明しておきます(●´ー`●)

    1. 足の裏全体で立つようにします。ヒールではなく、ぺたんこ靴やスニーカーなどで行うようにしてください。足の裏全体で立つというのは、意外ととても難しいです。ヒールに慣れていると大変ですが、根気よく地面に足裏をフィットさせるような気持ちで立つ練習をしてみてください。わたしみたいにヒールの方がラクという場合でも、意識し続けていると3日くらいでできるようになります。

    2. 腰の位置を後ろに持って行きます。腰を前にどんと突き出して立っている人が多く、そうすると太ももの前側が張ってきます。腰は後ろ、と意識してみてください(^^)

    3. ここまででふくらはぎの場合は終わりなのですが、太もも痩せならもう少し工夫を加えるといいです。たとえば、体重をかける位置。足裏全体がついていても、足の小指側に体重をかける習慣があると脚の外側が太くなっていきます。体重をかけるならかかと側のちょっと内側を意識してみてください。

「内転筋」という太もも内側の筋肉群を鍛えると良い、と聞いたことがある人もいると思いますが、それは少しだけ違います。多くの人は使う筋肉の場所を間違って、内転筋が収縮して硬くなっていることが多いです。

そのため、内転筋を鍛えるというよりも、内転筋を緩めると言った方がいいかもしれません。立ち方を変えると筋肉の付き方が変わり、収縮していた内転筋も緩んでいきます。そうして筋肉のバランスが良くなったところで鍛えれば、脚の形はどんどん整っていきます( ˘ω˘ )♡

太もも痩せする歩き方

次に、太もも痩せする歩き方を紹介します。気をつけてほしいのは、歩き方の前に立ち方が大事だということです。立ち方が整うと自然と歩き方も変わっていくので、まずは立ち方に集中していきましょう!

もう大丈夫かなーと思ったら、歩き方にも取り組んでみてください♪

    1. 力を入れないことを意識します。お腹やおしり、脚に力を込める必要はありません。変に力を込めると外側の筋肉だけ鍛えられることになり逆効果なので、ここはしっかり意識しましょう。

    2. 脚の付け根ではなく、脚のもっと奥の方、お腹あたりから脚を持ち上げることを意識します。骨盤の高さは変えず、スタスタという感じで歩きます。脚の細い人って歩くときとてもスマートですよね。それを真似するイメージです╭( ・ㅂ・)و ̑̑ 

    3. あまり意識しすぎなくてもいいですが、基本はかかとから着地です。その方が体の構造上自然だからです。そして、脚を前に運ぶのではなく後ろに運ぶ意識で歩きます。…と言われても難しいですよね(汗)脚を前に出すより、脚を後ろに引くイメージで歩きます。そうすると体の裏側の筋肉が使われ、太ももの前側に筋肉が付きにくくなります。

以上のことができるようになると、太ももはだんだんほっそりしてきます。文章から実行に移そうとするとなかなか難しいですが、自分の体と真剣に向き合うつもりで試してみてください!

脚痩せは努力よりも工夫が大事

ここまで読んでいただいてありがとうございました(^^)

脚痩せは、方法を間違えるととんでもない方向に行ってしまいます。努力しても努力しても変わらなくなってしまい、ダイエット・脚痩せから抜け出せなくなります。わたしがそうでした。

わたしみたいに長い時間悩まないために、脚痩せは努力よりも工夫だ!と覚えておいてください。しばらく頑張って無理なら、やり方を変えてみてください。運動と食事制限が王道だと言われて信じて頑張る方は多いですが、運動と食事制限で痩せなかった人がここにいます。

もし今、「頑張っているのに変われない」と思って悲しくなっている人がいたら、ぜひこの方法を試してみてください!

Real Rating

リアル度判定♪

ぬるいう~んふつうあるよねその通り!
↑リアルをぽちっと↑
現在のリアル度:4.67
リアル投票:6
Loading...
3
Shere
太ももがあっという間に細くなる!太もも痩せのための立ち方と歩き方
この記事をお届けした
リアルガールズの最新情報を
「いいね」で応援してね!