髪の毛を柔らかくする方法。さらふわ髪を手に入れよう!

Real Rating

リアル度2.67

6 votes, average: 2.67 out of 56 votes, average: 2.67 out of 56 votes, average: 2.67 out of 56 votes, average: 2.67 out of 56 votes, average: 2.67 out of 5
リアル投票:6
2016年1月26日
髪の毛を柔らかくする方法。さらふわ髪を手に入れよう!

髪の毛がかたい・太い・ゴワゴワする…と悩んでいる人へ、朗報です。髪の毛は、カンタンに柔らかくすることができます。わたしが実際に試して効果があった方法を紹介するので、ぜひ試してみてください^^

ゴワゴワのかたい髪からフワッフワな柔らかい髪へ変身して、好きなヘアスタイルを楽しんでくださいね♡

髪の毛を柔らかくする方法

きちんとしたケアをすれば、髪の毛はどんどん柔らかくフワフワな、思わず触りたくなる髪へと変わっていきます。
どれもカンタンだけど、意外と見落としがちなことばかりです。

お風呂に入る前にかならずブラッシングをする

これが一番大事です。髪が絡まったまま濡らすと、摩擦でますますひどい状態になります。濡らす前に、髪の絡まりはしっかり取っておきましょう。

おすすめは、豚毛のブラシです。地肌からマッサージするような感じで、根本からとかします。あまりにも絡まっているような場合は、絡まっているところをはさみでぱつんと切ってしまうのも手です。

わたしは髪が長いので、ちょっと切ったくらいでは何の影響もありません。だから、少し絡んだくらいなら潔く切ってしまいましょう。ショートからボブ程度の人だと、ぱつんと切ったところが目立ちやすくなるのでほどほどに。

この時点ですでにフワフワになってきているはずです。

シャンプーは原液のままつけない

シャンプーは泡立ててから使います。ポンプから原液を出して、そのままポンっと頭に乗せてわちゃわちゃするようなことはしないでくださいね。

手のひらに何プッシュか取ったら、お湯を加えて泡立てます。かるく泡立ったらそのまま髪に乗せ、髪全体で泡立てるようにします。原液を地肌につけて洗う人が多いですが、それだときつすぎてあまり体にはよくありません。

美容院も同じやり方をしているので、今度ぜひ観察してみてくださいね!

タオルドライは表面ではなく地肌

髪を洗ってお風呂の外に出たら、タオルドライをする人が多いと思います。その際に気になるのが、ゴシゴシとこする方法。ゴシゴシやるのはいいのですが、濡れた髪の毛を直接こすり合わせるようにゴシゴシすると、確実に傷めます。

タオルドライは、ドライヤーを当てる時間が無駄にならないよう、できるだけ水分をとっておく行為です。それだけなのに、ちょっと違うやり方をすると髪の傷みは一気に加速します。

こすって水分を取るのは、地肌だけにしましょう。髪の部分は、タオルで挟むようにして水分を吸い取ってください。
わたしもこするのをやめたら一気に傷みが引きました。

ドライヤーは30センチ以上離して使う

最後に、ドライヤーは30センチ以上離して遣うようにしましょう。多くの人が15センチから20センチくらいしか離さないで当てていますが、それだと確実に傷みます。

お笑い芸人ロッチの中岡さんは髪の毛に気を使っているそうですが、ドライヤーを長く近くで当てすぎているのでチリチリ状態です。なかなかそこまでにはならないかもしれませんが、指通りの悪いゴワゴワした髪になってしまうので注意してくだいね!

以上、髪の毛をフワフワに柔らかくする方法でした♡髪質はいくらでも変えられます!参考にしてみてください♪

Real Rating

リアル度判定♪

ぬるいう~んふつうあるよねその通り!
↑リアルをぽちっと↑
現在のリアル度:2.67
リアル投票:6
Loading...
3
Shere
髪の毛を柔らかくする方法。さらふわ髪を手に入れよう!
この記事をお届けした
リアルガールズの最新情報を
「いいね」で応援してね!