運動しても痩せない時に考えたい1つのこと

Real Rating

リアル度4.67

3 votes, average: 4.67 out of 53 votes, average: 4.67 out of 53 votes, average: 4.67 out of 53 votes, average: 4.67 out of 53 votes, average: 4.67 out of 5
リアル投票:3
2016年2月6日
運動しても痩せない時に考えたい1つのこと

一生懸命運動してるのに痩せない、という経験はありませんか?

わたしもそういう時がありました。「どうしてこんなに頑張って運動してるのに痩せないんだろう?」「努力が足りないのかな?」とずっと悩んでいました(´;ω;`)

でも、それには原因があることがわかりました。

なぜ運動しても痩せないのか?そんな時にはどうすればいいのか?同じように悩んでいる人はぜひ読んでみてくださいね!

運動しても痩せない理由

まずは、どうして運動しても変わらないのか?というところから説明していきます。

運動しても痩せないのは、ずばり、筋肉の付き方がアンバランスになっているからです!

運動は、「筋肉を使って鍛えて代謝を上げる行為」ですよね。でも、筋肉の付き方がアンバランスな場合は、いくら鍛えても鍛えたいところを使うことができません。

例えば脚なら、おしりや太ももの裏を使うべきなのに、ふくらはぎや太ももの前側ばかり使っている人がいます。そのまま運動しても、引き続きふくらはぎや太ももの前側が鍛えられるばかりで、本当に鍛えるべきところが鍛えられません。

がむしゃらに運動してもうまくいかないのは、こういった理由なのです。

本当に鍛えたいところを鍛えるためには、まず姿勢を整えることが必要です。

どんな姿勢が正しいの?

「じゃあどんな姿勢ならいいの?運動してる時、結構気をつけてるつもりなんだけど…」という人もいるかもしれません。実は、姿勢というのは難しくて、世間一般で言う「良い姿勢」が必ずしも正しい姿勢だとは限らないんです。

あなたは、「良い姿勢」と言われるとどんな姿勢を思い浮かべますか?「背筋を伸ばして胸を張って、脚を閉じた姿勢でしょ?」と言う人が多いと思います。

それが大きな間違いなんです。そういった姿勢を取るのって、ものすごく疲れませんか?疲れる姿勢は、良い姿勢ではありません。体に負担なくラクに力を抜ける姿勢が良い姿勢なのです。

具体的に言うと、胸を張らず、腰も反らさない。脚も無理やりギュッと閉じなくていいんです。

足裏全体で立ち、腰が前に出ないようにし、多少猫背気味で立ちます。その方が力が抜けて、すっと地面から伸びた姿勢を取ることができるのです。

まずは日常動作から!

ということで、運動しても痩せない人は、「まだまだ努力が足りないんだ!」と考えるのではなく、「運動する段階にいないんだ」と考えてください。

運動の前に、立つ・歩くといった日常動作を見直すこと。それが一番大事です。

綺麗になるのに、努力は必要ありません。何よりも大切なのは、「工夫」です。そう考えれば、「ダイエットしなきゃ」と負担に思うことなく取り組めるのではないでしょうか(*´ー`*)?

 

Real Rating

リアル度判定♪

ぬるいう~んふつうあるよねその通り!
↑リアルをぽちっと↑
現在のリアル度:4.67
リアル投票:3
Loading...
20
Shere
運動しても痩せない時に考えたい1つのこと
この記事をお届けした
リアルガールズの最新情報を
「いいね」で応援してね!