髪がまとまる乾かし方!ドライヤーとブラシがあればOK♡

Real Rating

リアル度4.00

5 votes, average: 4.00 out of 55 votes, average: 4.00 out of 55 votes, average: 4.00 out of 55 votes, average: 4.00 out of 55 votes, average: 4.00 out of 5
リアル投票:5
2016年2月9日
髪がまとまる乾かし方!ドライヤーとブラシがあればOK♡

髪の悩みをお持ちの人は、多いと思います。髪がまとまらなくて困る!イライラする!と思ったことはありませんか?

そんな悩みも、ドライヤーとブラシがあれば簡単に解決することができるんです。

「どうせブローでしょ?ブローなんてめんどくさくてやってらんないよ」と思った人!ちょっと待ってください。ブローではありません。あのブラシを髪に通しながら引っ張って乾かすやつではありません。

もっと簡単な方法を紹介します!

髪がまとまる乾かし方

では、とーっても簡単な髪がまとまる乾かし方を紹介します。

まずはタオルドライ

まずはタオルドライからです。タオルドライの際によく髪の毛自体をゴシゴシやる人がいますが、あれはまずいです。髪は濡れた状態がもっとも摩擦に弱いので、傷んでしまいます。

タオルドライのメインは、「地肌」です。髪の毛よりも、地肌の水分を取るような感覚でタオルを当ててください。髪の毛は、タオルで挟んでポンポンと叩くくらいで十分です。

目の粗いブラシを通す

タオルドライが終わったら、目の粗いブラシを通します。目の細かいくし等でとかすと髪が引っかかってしまうので、注意してください。

目の粗いブラシで、ざっと全体をとかします。できればここで、洗い流さないトリートメントをつけてください。これで準備は万端です。

ドライヤーを30センチくらい離して乾かす

最後に、ドライヤーで乾かす作業に入ります。このとき髪の毛に近づけすぎないよう、気をつけてください。

30センチくらい離れていても、十分風は当たります。手でかきあげながら、地肌に風が届くようにして乾かしてください。髪の毛よりもまず地肌!です。

いくら髪が乾いても肝心の根元が乾いていなければ意味がないので、間違えないようにしてくださいね。

「くしでとかす→ドライヤーで乾かす」を繰り返す

ここが最大のポイントです!今上で説明した、「くしでとかす」のと「ドライヤーで乾かす」のを交互に行います。

とかしたらしばらく普通に乾かす。またある程度乾いてきたらくしを通し、さらに乾かすということを繰り返します。

このようにすると、髪がからまったり整っていないまま乾くのを防ぐことができます。

本当はブローできれば一番良いのですが、それはめんどくさい、という人もいると思います。ちなみにわたしは不器用すぎてブローができません。笑

でも、この方法はブローよりも効果的な方法だと思ってます。両手を器用に使うことなく、ブラシとドライヤーを交互に使えばいいだけなので、とってもラクです。

ある日何気なくやってみたら、いつもとは見違えるように髪がツヤツヤになったので紹介してみました!ぜひやってみてくださいね♡

Real Rating

リアル度判定♪

ぬるいう~んふつうあるよねその通り!
↑リアルをぽちっと↑
現在のリアル度:4.00
リアル投票:5
Loading...
2
Shere
髪がまとまる乾かし方!ドライヤーとブラシがあればOK♡
この記事をお届けした
リアルガールズの最新情報を
「いいね」で応援してね!